株式会社 検査技研

超音波検査や超音波探傷、渦電流探傷などの非破壊検査の株式会社検査技研

製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  渦電流探傷とは?»  渦電流探傷検査システム

渦電流探傷検査システム

概要

各種熱交換器のチューブ保守点検に利用される渦電流探傷検査の自動処理システムです。
高速で正確な探傷データが得られ、集計表、マッピング等の出力が可能です。
弊社では豊富な検査実績を背景に信頼性の高い情報を提供しています。(所有試験体:約100種類・300本以上)

 

システム構成

システム構成

 

システム構成

  • 全自動制御による高速探傷対応…最大探傷速度 3m/sec(通常探傷速度 2m/sec)。
  • 最大4信号の同時解析評価機能及び再解析機能。
  • 独自の解析論理による擬似信号の誤検出抑制機能。
  • 変形や外面浸食(なだらかな外面減肉)のような劣化・損傷の検出・評価。
  • 光磁気ディスクによるデータ管理・保護。
  • 検査進捗度表示機能(装置毎、全体)による工程管理。
  • 経年変化の追跡機能による進展量表示。