株式会社 検査技研

超音波検査や超音波探傷、渦電流探傷などの非破壊検査の株式会社検査技研

製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  事業内容»  超音波内挿回転式チューブ検査システム

超音波内挿回転式チューブ検査システム

概要

水浸式超音波探傷検査は、水を触媒としてチューブ内面より超音波探傷にて、チューブ全長の測定を行います。
ポイント測定のため、精度と信頼性の高い検査方法です。

弊社ではIRISシステムを採用しています。
内挿した探触子より発信された超音波をミラーで屈折させチューブに入射し、測定します。
ミラーを回転させながらチューブ内を走査することにより螺旋状にチューブ全体をカバーできます。
 

 

特徴

断面画像を確認しながら内外面のきずの状況や減肉状況を
リアルタイムで測定出来ます。
処理システムと探傷機器が一体構造であり、現場への搬入が容易で
操作性に優れます。

         ▲検査機材に映る断面画像の様子