株式会社 検査技研

超音波検査や超音波探傷、渦電流探傷などの非破壊検査の株式会社検査技研

製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  超音波内挿回転式チューブ検査システム

超音波内挿回転式チューブ検査システム

概要

マイクロプロフェッサー技術がIRISシステムをコンパクトに一体化させ、SN比を向上し、より綺麗な断面図の作成と測定精度の向上を果たしました。超音波はポイント測定のため、精密探傷としてすべての手法の中でも最高の信頼性と精度を有しています。

 

測定原理

マイクロプロフェッサー技術がIRISシステムをコンパクトに一体化させ、SN比を向上し、より綺麗な断面図の作成と測定精度の向上を果たしました。超音波はポイント測定のため、精密探傷としてすべての手法の中でも最高の信頼性と精度を有しています。

 

特徴

  • 内面、外面、肉厚情報が全て得られます。
  • 円周上の最小肉厚位置を自動検知して、その厚さをデジタル表示します。
  • 音速入力とスケール選択だけで画面は自動校正されます。
  • Sエコー/Bエコー独立敷居値設定により不感帯が短いため、最小肉厚分解能も0.51mmから測定可能、高精度±0.05mm。
 

超音波内挿回転式チューブ検査システム