株式会社 検査技研

超音波検査や超音波探傷、渦電流探傷などの非破壊検査の株式会社検査技研

製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  事業内容»  電磁波レーダ法による埋設物探査

電磁波レーダ法による埋設物探査

概要

探査機から輻射された電磁波レーダが、コンクリートなどの内部で鉄筋や金属・非金属管や空洞で反射されます。
戻ってきた反射波を受信アンテナで受信することにより、構造物内部の探査を行います。
この一連の検査を探査機が移動しつつ連続的に行います。
目標物の深さはレーダの送信から受信までの時間を計算する事により求められ、水平距離に関しては探査機の距離計により
求める事が出来ます。

特徴

コンクリート構造物やアスファルト舗装路など汎用に活用でき、
移動しつつ検出を行うので広範囲を検査することに向いています。
検査データは波形を記録するだけでなく3D画像として可視化して
出力することが出来ます。

    ▲3D探査画像データ